子どもが恐がるテレビ番組

うちの子供は、テレビを見ていて恐いと思ったら、リモコンを持ってきて番組を変えて欲しいと訴えてきます。

まず、ひとつ目が笑点で、大喜利が始まるときまって泣き出しリモコンを持ってきます。

何か前世に大喜利で心に傷を負うくらいすべったなど酷い目にあったのでしょうかね。

ふたつ目が多くのアニメが苦手らしく、ちびまるこちゃんやサザエさんや名探偵コナンなどオープニングの時点で泣き出します。

サザエさんなんて国民的アニメで恐い要素が全くないように思えますが、あるとすれば頭が大きすぎるくらいしか考えられません。

名探偵コナンは毛利蘭の頭のツノでしょうか。

でも、なぜか、ゲゲゲの鬼太郎は問題ないという、妖怪よりも実際の人間の方が恐いということですかね。

あと、これは本当によくわからないのが、アンパンマンですが、小さい時から問題なく見ていたのに、突然苦手になってしまいました。

アンパンマンの嫌いな子どもなんて世の中にいないと思っていたのですが、大きくなって話ができるようになったら聞いてみたいと思ってます。

このような状況なので、私が見たいテレビがなかなか子どもの前で見れなくなってしまいました。

そのため、今では夜な夜なお酒の肴にサザエさんを見ております。

ゴルフのスイング改善

冬のお正月休みの間で少しだけゴルフを行っていましたが、練習場はやる事がない方々が沢山いました。その中で今回取り組んだのがスイングが打ち急ぎを起こしてよい結果になっていないケースをなくそうと考えて出来るだけゆったりとしたスイングを心がけました。スイングの部分でテイクバックに上げるまでをゆったりとまるで弓道の弓を引く時の様にゆっくりと上げていきます。そこで上げ終えて一気にダウンスイングでボールめがけてスイングを行います。するとボールは意識的に飛んで行くのでこれまでの様に曲がってしまう事も随分と減りました。

しかしまだまだ右に引っ掛けてしまうケースもありそこだけが少しだけ修正をしなければ行けない部分となります。右の方に打ち出すイメージを持ってやれば引っ掛けも随分となくなりますが、それでも真っ直ぐとポイントを持って行う部分で右に意識を持つ事はとても重要の様です。スイング改善に取り組んで30分で答えがある程度でたので後はそこをしっかりと固めて今度のコンペでは素晴らしい成績を残せる様にしたいです。スイングの改善に取り組んで中々上手くいかず元に戻すケースが多かったのですが、今度は何とか続けていけそうです。

雪まつりのある札幌から、地球 温暖化の話。

最近、地球のあちこちで、ウインタースポーツの大会の、開催中止の話が聞こえてきます。

雪が少なくて、開催が危ぶまれる、冬季オリンピックも多くなりました。

わが街「札幌」は、来場者数200万人を誇る、「雪まつり」があります。

ところがその札幌が、近年おかしいのです。

ここ2~3年、大雪の年はありますが、厳寒の年はなくなりました。

昔から、札幌や北海道の人は、気温がプラスであれば、(+1℃でも)「暖かいねえ」と言います。

この真冬、12月の末に、週間天気予報で、最低気温が、-10度以下は1日もなく、最高気温が0℃という日が3日もあります。

0℃は、雪や氷が解ける温度です。

この時期に、この温度はやっぱりおかしいです。

このことからもわかるとおり、雪が本格化する12月から、札幌は寒くなりますが、12月、1月の気温がガッツリ下がることが減ったのです。

雪まつりが行われる2月の中旬は、もう春の方が近いんです。気温が下がるのにも、限度があるんです。

各テレビ局が主催する、大雪像が、いつまで安全に作れるか?

雪まつりが、雪まつりらしくおこなわれるのはいつまでか?とても不安です。

実際、最近の雪まつりでは、開催期間中に雪像が解け始め、解体を余儀なくされるものも出て来ています。

全国のみなさん。

雪まつりを見たいと、おっしゃってくださるみなさん。

急いだ方がいいですよ~

今年も世帯菜園の時分がやってきました。

4月に庭園に5諸々の野菜の苗を植えました。胡瓜と2色調のプチトマトと茄子とピーマンです。そうして今期初めて最適胡瓜が実りました。とても望ましい品質なのでフィルムにおさめましたがもったいなくてなかなか収穫するど根性が出ません。家庭以外の他人にも自慢したくて仕方ありません。

大雨のお天道様も強風のお天道様も倒れないようにひたすら守り抜いた胡瓜がこんなにも最適実を押し付けたのだから、そんな気持ちになるのも厄介はないというのは私だけでしょうか。最適実の上にはもう一本狭い頼みなげな実が成長し始めていらっしゃる。

今こういう胡瓜を役割しなければ、あとの実に栄養素が行かなくなり成長しないとおり枯れてしまう。絶対に次の実も大きく育てなければ無駄。そんな事をあれこれと考えているうちに出先が薄暗くなってきました。娘と孫は習い事、妹は就業、在るジジババ二人で収穫するわけにはいかないので明日の午前総出で下回ることにします。

午前にまたひと回り大きくなっている事でしょう。いかなる風味がやるのか楽しみで仕方ありません。たった一本の胡瓜でこんなに苦労したのですから農家の人は出荷するまでにはさぞかし大変なことでしょう。あした食べる予定のこういう本当はきっととても斬新で美味いはずです。早起きして家族全員で胡瓜の初役割を楽しもうと思います。

今年の大掃除にはナチュラル洗剤に注目しています。

皆さんこんにちは。

いかがお過ごしですか?

年末年始の大掃除に向けて私は「ナチュラル洗剤」に注目しています。

ナチュラル洗剤とは、重曹、クエン酸、セスキソーダと言った天然に存在する成分から作られた洗剤のことです。

下水に流しても自然と分解され、合成洗剤と違い、環境に優しいのが特徴です。

さて早速ドラッグストアでこの3種類を買ってきて、使い分けてみました。

台所の白い垢、これにはクエン酸がてきめん効きます。

今までたわしでゴシゴシやってましたが、全然取れずに腕だけ痛いという始末になっていました。

しかしクエン酸はツルツルピカピカであっという間に取れたので「これはいいもの見っけたぞ!」って感じです。

重曹はお皿を洗う食器洗いとして、クレンザーの代わりに使ってみました。

こちらもきゅってとしていい調子。

後はセスキ炭酸ソーダですよね。

実は私この使い方をあまり知らないので、これから調べて使ってみたいと思っています。

ガス周りの油汚れとか落ちるのかな?

忙しい年末年始。

今からちょっとずつ用事を済ませておいてお正月にはゆっくりしたいと思っています。

この頃急に冷え込みが厳しくなったので、防寒対策もしなくちゃ。

今年は雪など降ってほしくないなあ。

では!

勢いのまま突き進んでいます

先日カナダで行われたグランプリファイナル、女子シングルスでは今シーズンシニアデビューした紀平梨花選手が初出場・初優勝を果たしました。2005年に浅田真央さんが初出場・初優勝を果たして13年ぶりの快挙となりました。浅田真央さんと同じくトリプルアクセルを決めての優勝とは偶然のものではなく必然的だったような気がします。ジュニア時代からトリプルアクセルジャンプを跳べることで注目されていましたが、昨シーズンまでは浮き沈みの激しい試合が多く大きな国際大会ではこれという結果は残せていませんでした。けれど、今シーズンは技術と体が一致してきたのか安定した演技をし続けてついにグランプリファイナルで世界一の座を掴みました。

シニアデビューした選手というのは勢いがあり、ロシアのメドベージェワ選手やザギトワ選手もシーズンを駆け抜けてきました。けれど、全員がそうではなくやはり選ばれし者だけがこういった輝かしい成績を収められるのでしょう。連戦で疲れもあるとは思いますが、今年を締めくくる全日本選手権が2週間後に行われます。ここまで来ると全日本選手権、四大陸選手権、世界選手権まで今シーズンすべての大会で優勝をしてもらいたいものです。

今シーズンも長いと思っていたプロ野球の全日程が終了しました。

私は今のソフトバンクホークスが、ダイエーホークス時代からのファンです。

今シーズンは、レギュラシーズンこそ2位で終わりましたが、今は私がダイエーホークスの頃には無かった、ポストシーズンというものがあります。

セパ両リーグに分かれて、「クライマックスシリーズ」というのがあります。

「クライマックスファーストステージ」は、レギュラシーズンに於いて、2位と3位のチームが試合をし、3勝した方が次の「クラマックスファイナルステージ」に進みます。

どちらの試合にも上位チームには、1勝のアドバンテージがあります。

「クライマックスファイナルステージ」とは、「クライマックスファーストステージ」を勝ち抜いたチームとレギュラシーズン1位のチームが戦います。

「ファイナルステージ」は、どちらか、4勝した方が勝ち抜き、次の「日本シリーズ」へと進みます。

今シーズンのパリーグは、圧倒的な強さで、埼玉に本拠地を置く、西武ライオンズが優勝しました。

この、西武には10年に1度、優勝するというジンクスがありました。

西暦にして末が8の付く年に優勝しています。

今年も「2018年」という事で、西武ファンは、開幕前から「今年は優勝」という事で熱気高く始まりました。

選手の方ももちろん、感じていたと思います。

流石にスタートダッシュに成功した西武は、2位のホークスに6.5ゲーム差をも付けて圧勝的なパリーグ優勝でした。

私が感じたのは、レギュラシーズンは優勝したものの、2位に終わったホークスには、レギュラシーズンとは違う短期決戦であるポストシーズンの勝ち方を熟知している事が強みになると思いました。

「クライマックスファーストステージ」は、2位のホークスに1勝のアドバンテージが付いてからの試合です。1試合は落としましたが、順当に「ファイナルステージ」へ進みました。

そして、「ファイナルステージ」です。

敵地に乗り込んで、ホークスはアドバンテージがないので、4勝しなければなりません。

しかし、4勝2敗(アドバンテージ含む)で、打線が爆発しました。

4勝の内の3試合が10得点以上取るという、ファンにとってはそれこそ、「スカッ!」とした西武のお株を取る打線の猛攻撃でした。

ホークスの工藤監督は、「パリーグの代表として、日本シリーズに挑み、必ず日本一になってきます。」と敵地のメットライフ球場で西武・ホークス両ファンに誓いを言いました。

そして、「日本シリーズ」です。

これは、セリーグの覇者、広島カープが順当に勝ち進み、今までで初めての「西日本シリーズ」になりました。

もちろん、全試合がナイターなので、ドーム球場ではないマツダスタジアム(広島カープの本拠地)には、西武との試合を戦って、1日のみの休日で、日本シリーズ試合2日前には、広島に乗り込んで、慣れない球場の照明やグランドの感覚等を徹底的に練習したとホークス関連の記事で読みました。

その練習も効いたのでしょうか?

日本シリーズ第一戦、カープファンが着たカープユニフォームの赤が真っ赤に染まる中、一角を陣取ったホークスファン。

私はテレビを見ていましたが、9対1の割合のような感じにも見えました。

少ないホークスファンの中、試合は、1回の裏にカープが2点を先制し、試合は流れていきました。

広島カープもセリーグ優勝は、3年連続というチームではありますが、昨年はクライマックスファイナルステージで負けてしまい「日本シリーズ」には出られなく、「日本シリーズ」自体には、過去、出場してはいるものの、日本一というのは、34年ぶりとなります。

こちらのセリーグも圧倒的な強さを見せ、リーグ優勝もし、ファイナルステージもいとも簡単に勝ち進み、日本シリーズに進んだわけですが、「日本シリーズ」というものを勝ち進んでいく経験がないという事が、ホークスとの大きな差だったと思いました。

先程の第一戦が、大きな分かれ道になったと思います。

第一戦、1回の裏にカープが、先制しました。そこで、カープがその試合を勝利していたら、どうなっていたのか分かりません。

しかし、ホークスが5回に相手のミスに付け込んで、同点としたのです。

そして、両チームともに出てくる投手が、抑えて、第一戦は、「延長12回引き分け」となりました。

この試合が、広島の本拠地マツダスタジアムでのカープが追いつかれる試合となった時に「ホークスに勝機がある!」と思いました。

次の日の試合もマツダスタジアムでの試合でした。

この試合は、広島カープが勝つことには勝ちましたが、次の試合は1日移動日を挟んで、ホークスの本拠地、ヤフオクドームでの3連戦です。

ホークスは、このヤフオクドームでは日本シリーズに関しては、不敗神話があります。

しかし、例えば、ヤフオクドームでの3試合を勝利し、3勝1敗にしても、あと、1勝しなければなりません。

そうなるためにも、第6戦は広島の本拠地ではありますが、「勝って欲しい」とホークスファンは、思ったことでしょう。

ファンには、球団からヤフオクドームでのパブリックビューイングが開かれ、そこに来たファンの総数は、1万人を超えたと聞きました。

それ程のホークスファンが広島に行けなくても行けなかったという、でも、カープファン一色に染まったマツダスタジアムで精一杯、応援して頂いたホークスファンに対して、御礼申し上げたいです。

第6戦はホークスが勝利し、日本一を「下剋上」でもぎ取りました。

そして、平成最後の日本一をもぎ取ったホークスの選手が、まず、第一に向かったのが、カープファンが陣取っていたホームのカープファンの方が応援している席に向かったのです。

ソフトバンクホークスの監督、選手一同が、カープファンの前に行って「御礼」をしました。

カープファンからも暖かい拍手が送られていました。

そして、待ちに待ったホークスファンの待つところに。

その時の選手の顔は、何となく、「ほっ」とした表情に見えました。

先ほども書きましたが、今年は平成最後の年でもありました。その中で、日本の中で一番、西にあるセパ両リーグの日本シリーズになりました。

これは何を意味しているのか?

そして、カープファンとホークスファンの長い1年も終わりました。

また、来シーズンはどんな試合が見られるのか楽しみで堪りません。

娘の習い事をどうするか

幼稚園年長の娘は現在2つ習い事をしています。

私が習ってほしくてすすめたスイミングとお絵かきが大好きな娘に良さそうと主人がすすめた造形教室です。

どちらも週1回ずつの習い事です。

造形教室は幼稚園の放課後に園内で行われているもので、卒園と同時に終了となります。

小学校に入ったら新たに何かやってほしいと思い、「習字はどう?」「ピアノは?」「体操もいいよね~」とすすめてみたのですが私の良いと思う習い事は気がすすまないみたいです。

娘は造形教室を続けたいとのこと。

自分から「これがやりたい!」と言うことがほとんどない娘ですので、嬉しく思いました。

しかし調べてみたところなかなか条件にぴったりの造形教室がありません。

良さそうなところは家から遠かったり、近所の教室は土曜日しか教室をやっていないみたいです。

土曜日に習い事を入れるということは子供会には入らないということになるので、それでいいのかも悩みます。

娘は今の造形教室の先生が大好きなのですが、芸術系の習い事は先生との相性も大切なのでそこも心配です。

年明けから通えそうな教室の見学に行ってみます。

親ができることは微力ですが、娘のやりたいことを応援できればなと思います。

最近の筋肉痛との戦い

私はアメリカでラグビーをしていましたが、先週、日本で初めてラグビーの練習に参加しました。とても強いチームとの合同練習で、色々と勉強になったのと、自分の体力の無さを痛感する一日でした。

いつもは、週に3回、ジムに行き、自分なりには一生懸命トレーニングをしていたつもりですが、本気で走り、タックルして起き上がってまた走るという体力は全く無く、自分がいかにトレーニング不足なのかが分かりました。

悔しかったですが、それ以上にトレーニングをしようと思いました。そこで、次の日は笑ってしまうくらいの筋肉痛でしたが、ジムへ行き、思い切りトレーニングしてみました。

すると、痛いけど、その次の日は痛みが大分減ってくれました。20代後半になると、筋肉痛が治るのに時間がかかりますが、そんな事待っている時間は無いと自分に言い聞かせています。

私がジムに行きたくないと思う日には、女子レスリングの日本代表選手達のSNSにたまに載る練習動画を観ることです。毎日朝からトレーニングをして、頑張っている姿をみると、私のやっている事は大した事無いと思えるので、逆に燃えて、ジムに今すぐ飛んで行きたいと思える様になります。

来週は、日本で一番強いらしいチームと練習試合があるそうなので、本気で頑張ってみようと思います。

夫の帰宅と同時にイラつく妻

夫が仕事から帰宅した。保育園のお迎えのあとDVDを借りに行ったりしていたのでいつもより帰宅が遅くなった。なので、洗濯物も夫の帰宅間際で終わり、干すのを後回しにしていた。

帰宅するなり夫は、「ご飯。ご飯。」しか言わない。ご飯の準備の間「その間に、洗濯物を干して」と伝えるも逆ギレ。妻も逆ギレする夫に逆ギレ。そんなことは、育児中にはよくないが皆疲れていて感情的。夫がご飯を食べ終わる頃には22時前。

子ども達をまだ寝させてない。明日のお米洗ってセットしないと、と慌ててしていた。そんな時でも夫はマイペースにベランダでタバコ。母は息子に「早く寝なさい」と怒ると怖かったのか、息子は漏らしてしまった。

ベランダでのんきにタバコを吸う夫にイラつきながらも中々ベランダから戻ってこない夫を呼び、息子のズボンとパンツだけ変えてもらったが、サッサとお風呂に入る夫。

22時半と言うのにウロウロして寝ない息子。母の怒りは頂点に達してしまった。息子に再度「寝るように」と、怒る母。ついでに「お父さんはなにもしないんだからしかたないでしょ」と息子は八つ当たりされてしまった。

父がいるときくらいゆっくりしたいのだが、お父さんは、私が怒っているときだけ出動するというマイペースさん。