最近の北朝鮮のミサイル報道に感じること

最近北朝鮮のミサイルが発射されるかもしれないという恐怖の内容が報道で報じられています。

それに対するアメリカの動向も連動して報道されています。北朝鮮側の動きがアメリカに向いていることから両者の動向が報じられるのは当然かと思います。

しかし弾道弾ミサイルは日本上空を通過するといった内容も含まれています。

私だけが感じることなのかもしれませんが、どうして今のマスコミは日本政府の動向を報じる内容が政府の公式会見だけのように少ないのでしょう。

北朝鮮の動向で少なからず影響があるというより、今現在でも少なからず恐怖を感じている国民はいるはずです。
その動向に解決策を指し示すことができるのは日本政府だけであり、その政府を監視し報道することができるのはマスコミであり、そうすることがマスコミの役目でもあります。

今の時代、何かを発言することはさまざまな不利益を被ることも多く、口をつぐむ方が得という判断もあるかと思います。

しかし、マスコミが政府の動向についての報道を辛辣に報道しなくなった社会は薄気味悪い印象しかありません。
他国の動向の情報ももちろん大切ですが、自国の対応策あるいは動向が確実に報道で知ることができ、報道に対して自由に発信できることが一番大切なことではないかと感じるこの頃です。

ワンちゃんや動物は老けない?

よく近所の公園を散歩しているとき、色々な犬種のワンちゃんを見かけることが多いです。中でもトイプードルやマルチーズ、ミニチュアダックスフンドなどが可愛くて好きなのです。最近ワンちゃんを見ていて思ったのですが、専門家でもない限り、ワンちゃんは一見何歳ぐらいなのかよく分かりませんよね?少なくても私は分かりません。まだ子犬なのか成犬なのかよく分からない場合が多いです。まあゴールデンレトリーバーなどの大きくなるはずのワンちゃんの子犬を見たら明らかにまだ子犬なのだと分かりますが、小型犬の場合は難しい気がします。

近所でよく見かけるマルチーズのワンちゃんがいるのですが、毎日のように見かけていて、「このワンちゃん、顔がマルっこくて童顔で可愛いけど、こう見え ても実はもう人間でいうと還暦ぐらいだったりして」と思っていました。飼い主はもう年配の方でしたし、ワンちゃんもそこまで若くないのかもしれない、と勝手に思っていました。かなり勝手な発想ですが(笑)。そして昨日の夕方、またそのマルチーズのワンちゃんを何週間ぶりかに見かけたのです。そう、しばらくタイミングが合わなくてご無沙汰していたのです。そして発見したのですが、今年の春ぐらいと比べると明らかに身体が大きくなっていました。頭の大きさもそれに合わせて大きくなっていて、脚も以前に比べたら丸みがなくなっていたと感じました。

実はまだ子犬だったんだ、と発見して少し意外に感じました。でもきっと何年か経っても可愛いままの顔と身体なのだろうなと思います。ワンちゃんは老けないので羨ましいですね。

桃の苦いのは何?

今は桃の季節ですね。最近スーパーで買ってきた桃、人から送ってもらった桃、フルーツパフェの桃など、色々なところで桃を食べることが多くなりました。
そしていつも疑問に思うことがあるのです。運が良いときは桃を丸ごと一個食べても全部甘いです。でも、運が悪いときは部分によっては苦いときがあります。
昔から思っていたことです。最初は自分の味覚がおかしいだけかと思っていましたが、あきらかに毎年同じことを経験しているので、実際に苦みがあるのだと思います。

確かパイナップルや他の果物にも似たような現象があるような気がします。傾向としては、家で食べるスーパーで買った桃にこういう苦みがある桃に出会う確率が高いです。
逆に高いフルーツパラーで食べるパフェの桃は全部甘いことが多いです。やはり値段と関係あるのでしょうか?

フルーツパーラーで千円以上するパフェを頼んで桃が苦かったりしたらがっかりですからね。
桃の出来具合なのか、長い間放置しすぎたせいなのか、それとも品種や育て方と関係あるのかよく分かりません。母の友達が桃を栽培して販売しているみたいなので、今度聞いてみようと思います。
ちょうど来週毎年のようにそのお友達から桃を送ってもらうことになっています。
今年送ってもらう桃は全部甘いと良いのですが…

短いようで長い幼稚園と小学校の春休み

子供達の春休みが始まって、何日か経ちました。

まだ何日かなのに、もうすでに母はうんざりしてます。疲れきっています。

朝から晩まで、家政婦のようにこき使われ、お母さん?!お母さん?!っと、次から次へとあれしてこれ言われる毎日です。

たった2週間くらいの休みなのに、1か月以上の休みがある気分です。

毎日家では、ダラダラしていて本当にイライラします(笑)

早く終わらせればいいのに、いつになってもやらない宿題!

早くやりなさい!っと言っても、「言われるとやる気がしない」っと言われ、イライラ。

誰も家の事をやってくれなくて、イライラ。

ストレスがたまるばかりです。

まだ始まったばかりの春休み!

とにかく早く終わってほしい春休みです。

毎日当たり前のような事に感謝です。

昨日のニュースです。私の地元には特産のそれは美味しいブランドさつまいもと呼ばれるさつまいもがあります。お芋は黄金色に輝き、抜群の甘さで誰もが納得の美味しいさつまいもなのです。がしかし、生産者の皆さんが頭を悩ますのが猪などの害獣による作物被害です。

対策は幾つか有るものの、費用が掛かりすぎてなかなか取り入れることが困難という現状なのです。そこで出た画期的な案。それは、養豚をさつまいも畑に放牧するというものです。それにより、まず効果が期待できるのが猪などの害獣よけ、そして通常なら廃棄される出荷出来ないようなさつまいもを養豚の餌に混ぜて与える。

放牧することによって、放棄地の有効活用、そしてのびのびと放牧させ、さつまいもを混ぜた美味しい餌を食べることによって、養豚にでんぷん質がしっかり摂取でき豚肉の味に好い影響を与える。このような取り組みについて、各局がニュースで伝えていました。それはそれは、豚さんたちは、美味しいさつまいも入りの餌に鼻息荒く嬉しそうにむしゃぶりつく可愛い映像を交えてのニュースでした。

私も豚肉料理は好きなので なるほどなぁと思いながら見ていたのですが心のどこかに、違和感がありました。美味しそうにむしゃぶりつく豚さんたちは、満足げに映し出されていましたが、よくよく考えてみると、この豚さんたちの行く先は正直悲しい運命です。

さだめを知ってか知らずか必死に餌を食べる姿を目にして感じたのです。このニュースは、結果的にさつまいもの被害を防ぎかつ廃棄されるさつまいもの活用、放棄地の有効活用、それがさらに美味しい豚肉になるという内容であり、豚目線の内容が不足してる感が否めなかったのです。

映像がスタジオに戻ると、「いやぁ、一石二鳥どころか、一石三鳥、いや四鳥ですかね。美味しい豚肉になると楽しみですねぇ」 とアナウンサーの方々がコメント。今朝の地元紙の一面トップもこのニュースでした。ここには、「一石四豚」と表現されており、やはり美味しいブランド肉になる期待を込めた記事になっておりました。

私にとっても、更に美味しい豚肉が食べれる事は楽しみではありますが、ニュース番組といい新聞といい、少しでも豚さんの気持ちになって、感謝の意を含んだ内容が必要かなと感じました。いつも、当たり前のように食を頂きこのニュースに触れ、有難みを今一度心に深く感じなければと痛感しました。

偽善者と言われるかも知れませんが、素直にそう考えさせられるニュースでした。豚さんだけでなく、この世の生きとし生ける全ての命に感謝です。

本日の天気はあいにくの雨模様ですけど

最近私の自宅の付近のエリアでは、まとまった雨が降らなかったので、久々に雨が降ってしまい、外での仕事はキャンセルしてしまいました。それで、自宅でのんびり好きなことをしています。パソコンでインターネットでのラジオを聴いたり、SNSをチェックしたり、おやつをつまんで食べたりしながら退屈しのぎをしてます。

今週残りの天気はいったいどうなっているのでしょう。梅雨も本格的になって、これが終わればいよいよ凄く暑い季節の到来です。何を隠そう私の大好きな季節です。家でパソコンをたたいているのはやはりもったいないでしょう。海に山に町に田舎にこの夏をすごく満喫したいです。

台風も何回かはやってくるでしょうけど、一過性のものでしょうから、日焼けでもして外出先で写真でも撮ってたくさんの思い出を作りたいです。海外へは行ったことはありませんし、国内でも面白そうな場所が結構ありそうなりそうなので、公共交通機関でもつかって、ちょっとしたものでいいのでグルメ旅でも満喫をしたい気分です。

外出先で持っていきたいものは、携帯電話、ラジオ、財布、お菓子やドリンク、タバコと携帯灰皿とライター、あとはタブレット端末といったところでしょうか。大変楽しみです!

はじめての広島は、体力勝負でした。

出張があって、はじめて広島へ。広島へ行くのは初めてです。

時間があまりなかったので、たくさんのところにはいけませんでしたが、けっこう充実した時間を過ごせました。

まずは、広島駅から、宮島へ。そこへは、電車とフェリーを乗り継いでいきます。

宮島駅につくと、日本人だけではなく、外国の観光客もたくさん。

とくに、欧米系の人が目立っているように思いました。

宮島の目玉となるのは、厳島神社(いつくしまじんじゃ)です。

1000年前の、平安時代にいまの形態が作られたということで、

紫式部の世界?を満喫したいと思い、行きました。

フェリーは、なかなかの行列でしたが、大型の船がどんどん来るので、一気にはけていきます。

宮島に近づくと、厳島神社がみえてきて、神秘的な雰囲気にうっとり。

でも、船をおりると、とにかく観光地でした。

鹿を大切にする流れがあり、いたるところに鹿が。油断していると、食べ物をとられます(笑)

写真を撮るのにも最高でした(鹿と海のツーショット)。

弥山(みせん)にも登りました。途中までロープウェーなので、楽勝という想定。

しかし、意外にも大変で、途中まで行って後悔。

海外の登山者もおおく、みんなで「こんにちは~」と言い合いながら、なんとか頂上まで行きました。

それにしても外国人が多い!広島、熱いですね。

私が初めて好きになった人。それは…

好きになったのは8年前。WBCのインタビューを受けている岩村明憲選手がすごく輝いて見えたの。岩村選手に釘付け。なんで?って聞かれても答えられないけれど、これが一目惚れなのかなってその時思った。それから私の岩村好きが炸裂(笑)岩村選手って言っても中々分かる人いないかもしれないけれど、当時はプロ野球選手で活躍していた人!

テレビに出る時はリアルタイムと録画で二度観て、載ってる本は必ず買って。岩村選手が自分の目に映るだけで元気になれる。こんなに興味を持った人は初めて。

それから移籍を繰り返し、最終的にはヤクルトでプロ野球引退。この数年間、岩村選手にどれだけ救われたか計り知れない。引退した後は私の地元、福島の野球チームで監督をしている。これは絶好のチャンスと思いfacebookで岩村選手を探しフォローして返ってくるかも分からないメッセージを送ってみた。緊張して何回も送った文章読み返したりして落ち着けなかった。本気で恋してたね(笑)次の日、岩村選手から返事が返ってきてそれはもう、本当に信じられなかった。毎日やり取りして、練習見に来てみたら?と言われたから行ってみた。会いたい気持ちが爆発しそうで、前日は遠足前の子供みたいに寝れなかった。そしてその日、免許取り立てで練習球場に行ったんだけどその話はまた今度!

長文すみません(T_T)読んでくれて、ありがとうございます!

ランゲルハンス島はどこにあるのか?

地理が得意なんですよ、という人に意地悪な質問をしてしまうのですが、ランゲルハンス島がどこにあるか知ってますかと聞いてしまう習性があります。すると知ったかぶりをしたい人なんかは、地中海ですよね、とか答えてしまいます。ランゲルハンス島は地中海なんかにはありません。

この世の中に70億人の人がいるとすれば、70億のランゲルハンス島は存在します。そうなんです。人体の中にしかランゲルハンス島はないんですよね。人体の中でも膵臓の中に存在します。そしてランゲルハンス島は血糖値の増減に関わって大きな役割を果たしています。

血糖値が異常に高い人は、インシュリン注射をしますが、普通の人は注射を打つ必要はありません。それはランゲルハンス島の中にあるベータ細胞から適量のインシュリンが出ているからです。反対に、血糖値が低い人はランゲルハンス島のアルファ細胞からグルカゴンといいうホルモンが出ます。

つまり、血糖値が高ければインシュリンがランゲルハンス島から出てきて、血糖値が低ければランゲルハンス島からグルカゴンが出てきて正常値に戻るわけです。そういったような医者や看護師だけが知っていれば良いような知識を生物の授業で習うので、ついつい意地悪をしたくなってしまうんですよね。

近の日常での悩みが日に日に大きくなって・・・

ここ一カ月位、家庭での環境が変わり落ち着かない日々を送っています。

好きな人と別々に住む事になり、悲しみと寂しさが共存したままの生活が続いて時々、遣り切れない思いになります。

人間て、一人になると寂しさで押し潰されそうになります。

一緒に居れる人が居ないなら、会話だけでも出来る友達でも居たらかなり救われます。

特に深夜の寝れない時間がとてもキツイと、寝れないし、遣り過ごすのがとても大変です。

毎日が寂しくて寂しくて堪らず、発狂したくなります。

発狂したところでスッキリなれれば幸いですが、近所に聞こえれば、ただの精神異常者だと思われるだけですね。

人の温かさは計り知れないものですが、いつもいつも温めてくれるものではありません。

自分で気持ちを上げるのも中々のものですが、自分にしか出来ない治療みたいなものがあります。

悩むより焦らず休憩しながらのんびり越えてゆく事も大事です。

しかし、寝付けない時には、煙草の数が増えるだけで、余計に眠れません。

多分、夜の暗闇の怖さで、目を閉じるのが怖いのでしょうね。

今、唯一、癒してくれるのがペットです。

そのペットも一匹なので、ペットが、話してくれる人が居ないので、とても寂しいと思います。

その、ペットの為にも頑張らなくてはいけないと言い聞かせるこの頃です。