ほっぺちゃんを見てやっぱり欲しくなった

子ども達を連れて支援センターへ遊びに行くと、小学一年生がほっぺちゃんを持ってきていました。

二年前にほっぺちゃんの存在を知り、あまりにも可愛くて欲しくなり注文しかけた事がありました。

女の子だとついつい色々プレゼントをしたくなり、これ以上物が増えてもいけないと我慢していたのが、やっぱりまた欲しくなってきました。

女の子が好きな要素が詰まっていて、大人でも欲しくなる程の可愛さです。

聞くとまだ流行っているようでした。

娘も見て欲しくなったようで、今度の雛祭りの時にプレゼントにしようと思っています。

スイーツ系のほっぺちゃんが特に可愛くて、親子共に可愛がれるかなと今からワクワクしています。

女の子だと趣味が共有できるのが良いです。

乾燥する季節に必需品のハンドクリームのヌルつき

最近家事をした後手がカサつくようになった。寒い時期になるのだから当たり前なのだが、ハンドクリームを買わなければ。

しかし、どうも私はハンドクリームというものがなかなか好きになることが出来ない。

皿洗いが終わった後、塗るようにするのだが、トイレに行ったあと、手を洗う際、ヌルッとなるのがあまり好きではない。

まるで、汚い物をずっと手にくっ付けていたような感覚を覚える。手を濡らさなければ決して気になることではないのだが、トイレの後はそうもいかない。

一瞬のことなのだからそれさえ我慢すればいいので使ってはいるが。

だが、世の中の女性は毎年買って、中には1シーズンに数種類使っている人もいるようだ。そんなに塗るということはヌルつきが気にならないということだろう。

私はヌルつきが気になるあまり少量を薄く延ばして使うため、なかなか無くならない。二年に一度買えばいいくらいだ。

一体、このヌルつきをどう乗り切っているのだろうか。

ネットで検索を掛けるとぬった後のヌルつきが気になる人は結構いるようで、ヌルつかないように化粧水を付けた後に人差し指から塗っていくという方法が紹介されていた。

手を濡らした場合のヌルつきについては何も記載されていないが、少しは変わるだろうか。試してみる価値はあるだろう。今度やってみようと思う。

不満買取センターで不満をかくのは難しいなあ

不満買取センターをまたやり始めてちょっとずつお金が増えてきているわけではありますが、なかなかん不満を書くことが難しいなと思う感じになってきました。

最初は浮かんだものとかをいろいろ書いたり、自身の周りであったことを書いたりしていましたが

書けば書くほどだんだんとネタがなくなっていく感じ。 ネタを探すためにどこかに行くわけにもいきません。

色々考えていてもなかなかいいアイディアとかも浮かびませんから、時間ばかりが住んでいって時間が無駄になっているような状況になっています。

これだったら別のことをしたらいいなという感じです。

こうやってやってるくらいなら別の仕事でもしたほうが色々とはかどるからいいのかなあという感じですかねえ。

どこの社会でもこういう人って居るよね

西宮市長が、中学高校時代のやんちゃ武勇伝をイベントで話したことが問題になり、ニュースなどでも話題になっています。

授業を抜け出してタバコをすっていたとか、その他色々な「俺やんちゃだったぜ」と言う話を武勇伝として話したと言うから市長としての品格が問われているようです。

私はこういう人が居るという事をあんまり知らなかったので、今回のニュースではじめてみましたが、44歳でチョイ悪風ないでたちな市長で、その姿を見た時、こういう人いるいる~と思いました。

会社の上司や親戚のおじさんとかでも、こういう人って必ず一人は居ますよね。

聞いていないのにやんちゃ武勇伝を話し出す人です。

それがカッコいいと思っている人は、どんなに周りでああだこうだ言っても、なかなか変わりませんよね。

西宮市長のニュースを見ながら、今年の忘年会で、私も上司の同じ様な話しを聞かなければいけないという事を思い出したのでした。

社会人になった息子へまた一緒に家族皆で暮らせますように

社会人になり、県外に就職に行ってしまった息子。うちわ母子家庭なので、何より力仕事にしても色々と助けてもらってきました。家事も私の忙し時は手伝ってくれて、社会人になって県外に行くまで小さい時から離れた事がありませんでした。

息子がなかったのは、学校の行事の修学旅行か友達の家に1回泊まった位で、後はほとんど家で自分の部屋で好きな事をしてのんびりして過ごしていました。だから県外に行く時はものすごく寂しく見送りに行く前の日にご飯を食べながら、明日なんだねと大泣きしていました。見送りの時も列車が走り出しても追いかけていました。残された家族は寂しくて、もうお金を貯めて早くまた皆で暮らせるように頑張ろうと心に誓いました。

私も毎日仕事で辛い日々が続いていますが、息子の事を思いだしこうしてはいられないと自分に言い聞かせて、そして今度は広い家に皆で住める夢を目標に日々頑張り過ごしています。

最近の夫の疲れが異常!金縛りに苦しむ夫…

夫の転職から半年、慣れない仕事と残業で、毎日くたくたです。

うちに帰ったら機械的にご飯を食べてお風呂に入りバタン倒れるように寝る生活です。

将来のためとはいえ、夫の身体が心配です。

肩こりも酷いらしく、肩こりから頭痛もするみたいで満身創痍とはこのことですね。

そんな夫ですが、ある夜、その日も仕事が遅く、かなり疲れて布団に入り、2~3時間経った頃…

う~ん、とかなり苦しそうにうなり始め、私はうなり声で起きたのですが、夫の身体が小刻みに震えだし、心配になり夫に声をかけたんです。

身体を揺らして、大丈夫!?と声をかけると、はっと目を覚まし、「すっごい金縛りにあってた」というのです。

全身をなん十本もの手で押さえられ、身動きが取れなくなり、最後はその手が口を押えてきて息もできなくなり、死ぬ!と思ったところで起こされたと。

こわ~っと2人で身震いしました。

絶対ストレスですね。

次の休みは温泉でも行ってストレス解消しなきゃな…と二人で話しています。

3ヶ月ぶりのふるさと。大量の食べ物とともに

今日は3ヶ月ぶりの帰省です。

まずは、東京駅から新幹線に乗り、名古屋を目指します。東京駅のグランスタにあるお寿司屋さんで海鮮丼を、その近くのパン屋さんでバゲットを買うのがお決まり。

東海道新幹線に乗り込んで、お姉さんからじゃがりこを買うのはわたしの中でのマスト(笑)何で新幹線の中でお姉さんから買うじゃがりこって美味しいんだろうなぁ?

なんて思いながら毎回買っちゃうんだよね、高いけど(笑)

まだまだ実家まで2時間あるから本でも読んでゆっくりしよう?っと。

久しぶりに家族に会って、いろんな話をするのと、大好きなお父さんとワインとチーズ、バゲットを頂くのが楽しみだなあ?

では、みなさん、良い祝日をお過ごしください。

リオ五輪でとりわけ感動を受けたコメント

 本日、リオデジャネイロ・オリンピック男子体操競技個人総合で、内村航平が劇的な逆転勝利を飾った。最終種目の鉄棒を残しトップと0.901点もの大差をつけられていたからだ。内村は鉄棒で素晴らしい演技で高得点をあげたものの、最終演技者であるトップのベルニャコフも大きなミスもなく演技を終え、採点待ちとなった。ベルニャコフの得点は伸びず内村がオリンピック連覇を飾った。

 私が感動を受けたのは、演技後のベルニャコフのコメントである。デイリースポーツによると、内村に対し「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という海外メディアからの意地悪な質問にベルニャコフが怒り「航平さん(原文のまま)はキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」と言い放ったという。生涯一度しか無いかもしれない金メダルのチャンスを逃した直後になかなか言える言葉ではないと思った。感動した。

どの国も平和に過ごせたらいいと思った日。

予定では8日から25日の間にミサイルを飛ばすと言っていましたがその前の日の7日に急にミサイルを発射したと聞いてびっくりしました。ロケットが凄く飛んでいたので怖いと思いました。沖縄も通過したと言っていたので途中で落ちてきたら恐ろしいと思いました。

外国も日本も射程圏内に入っているので怖いです。もし今回以上にロケットが飛んだらどうなるのかなぁーと思います。これから世の中どんな風になっていくのか心配です。

毎日さまざまな事があると思います。どの国も平和な国になって皆が安心して過ごせる毎日がきてほしいと思います。戦いやテロがなくなってほしいです。どの国も仲良くなれたらいいのになぁーと思います。助けあえたらいいのになぁーと思います。

ついに、やってしまったよ…

数年前から我が家では冬には、スキーを滑りに行っています。この冬も休日で時間があれば、家族でスキーを楽しみに行ってるんです。

が、とうとう初の足を痛めてしまっちゃったんです!きっかけは、子供のスキー板に自分のスキー板が重なって取れなくなり、そのまま子供がスキーを滑り始めて足が左右に引っ張られ膝が「ポキッ」と音がして倒れこんだんだ私です。

その結果、膝付近の筋を痛めたようで、それ以来足を引きずっている今日この頃です。自分でスキーをやっていてこけてしまって足を痛めたとか普通の理由があれば、まだ納得できるんですけどね…こんな事で足を痛めてしまった事が余計に切ない!痛めて今1週間弱で、まだまだ痛いしどのくらい経てば治ってくれるんだろう?