今シーズンも長いと思っていたプロ野球の全日程が終了しました。

私は今のソフトバンクホークスが、ダイエーホークス時代からのファンです。

今シーズンは、レギュラシーズンこそ2位で終わりましたが、今は私がダイエーホークスの頃には無かった、ポストシーズンというものがあります。

セパ両リーグに分かれて、「クライマックスシリーズ」というのがあります。

「クライマックスファーストステージ」は、レギュラシーズンに於いて、2位と3位のチームが試合をし、3勝した方が次の「クラマックスファイナルステージ」に進みます。

どちらの試合にも上位チームには、1勝のアドバンテージがあります。

「クライマックスファイナルステージ」とは、「クライマックスファーストステージ」を勝ち抜いたチームとレギュラシーズン1位のチームが戦います。

「ファイナルステージ」は、どちらか、4勝した方が勝ち抜き、次の「日本シリーズ」へと進みます。

今シーズンのパリーグは、圧倒的な強さで、埼玉に本拠地を置く、西武ライオンズが優勝しました。

この、西武には10年に1度、優勝するというジンクスがありました。

西暦にして末が8の付く年に優勝しています。

今年も「2018年」という事で、西武ファンは、開幕前から「今年は優勝」という事で熱気高く始まりました。

選手の方ももちろん、感じていたと思います。

流石にスタートダッシュに成功した西武は、2位のホークスに6.5ゲーム差をも付けて圧勝的なパリーグ優勝でした。

私が感じたのは、レギュラシーズンは優勝したものの、2位に終わったホークスには、レギュラシーズンとは違う短期決戦であるポストシーズンの勝ち方を熟知している事が強みになると思いました。

「クライマックスファーストステージ」は、2位のホークスに1勝のアドバンテージが付いてからの試合です。1試合は落としましたが、順当に「ファイナルステージ」へ進みました。

そして、「ファイナルステージ」です。

敵地に乗り込んで、ホークスはアドバンテージがないので、4勝しなければなりません。

しかし、4勝2敗(アドバンテージ含む)で、打線が爆発しました。

4勝の内の3試合が10得点以上取るという、ファンにとってはそれこそ、「スカッ!」とした西武のお株を取る打線の猛攻撃でした。

ホークスの工藤監督は、「パリーグの代表として、日本シリーズに挑み、必ず日本一になってきます。」と敵地のメットライフ球場で西武・ホークス両ファンに誓いを言いました。

そして、「日本シリーズ」です。

これは、セリーグの覇者、広島カープが順当に勝ち進み、今までで初めての「西日本シリーズ」になりました。

もちろん、全試合がナイターなので、ドーム球場ではないマツダスタジアム(広島カープの本拠地)には、西武との試合を戦って、1日のみの休日で、日本シリーズ試合2日前には、広島に乗り込んで、慣れない球場の照明やグランドの感覚等を徹底的に練習したとホークス関連の記事で読みました。

その練習も効いたのでしょうか?

日本シリーズ第一戦、カープファンが着たカープユニフォームの赤が真っ赤に染まる中、一角を陣取ったホークスファン。

私はテレビを見ていましたが、9対1の割合のような感じにも見えました。

少ないホークスファンの中、試合は、1回の裏にカープが2点を先制し、試合は流れていきました。

広島カープもセリーグ優勝は、3年連続というチームではありますが、昨年はクライマックスファイナルステージで負けてしまい「日本シリーズ」には出られなく、「日本シリーズ」自体には、過去、出場してはいるものの、日本一というのは、34年ぶりとなります。

こちらのセリーグも圧倒的な強さを見せ、リーグ優勝もし、ファイナルステージもいとも簡単に勝ち進み、日本シリーズに進んだわけですが、「日本シリーズ」というものを勝ち進んでいく経験がないという事が、ホークスとの大きな差だったと思いました。

先程の第一戦が、大きな分かれ道になったと思います。

第一戦、1回の裏にカープが、先制しました。そこで、カープがその試合を勝利していたら、どうなっていたのか分かりません。

しかし、ホークスが5回に相手のミスに付け込んで、同点としたのです。

そして、両チームともに出てくる投手が、抑えて、第一戦は、「延長12回引き分け」となりました。

この試合が、広島の本拠地マツダスタジアムでのカープが追いつかれる試合となった時に「ホークスに勝機がある!」と思いました。

次の日の試合もマツダスタジアムでの試合でした。

この試合は、広島カープが勝つことには勝ちましたが、次の試合は1日移動日を挟んで、ホークスの本拠地、ヤフオクドームでの3連戦です。

ホークスは、このヤフオクドームでは日本シリーズに関しては、不敗神話があります。

しかし、例えば、ヤフオクドームでの3試合を勝利し、3勝1敗にしても、あと、1勝しなければなりません。

そうなるためにも、第6戦は広島の本拠地ではありますが、「勝って欲しい」とホークスファンは、思ったことでしょう。

ファンには、球団からヤフオクドームでのパブリックビューイングが開かれ、そこに来たファンの総数は、1万人を超えたと聞きました。

それ程のホークスファンが広島に行けなくても行けなかったという、でも、カープファン一色に染まったマツダスタジアムで精一杯、応援して頂いたホークスファンに対して、御礼申し上げたいです。

第6戦はホークスが勝利し、日本一を「下剋上」でもぎ取りました。

そして、平成最後の日本一をもぎ取ったホークスの選手が、まず、第一に向かったのが、カープファンが陣取っていたホームのカープファンの方が応援している席に向かったのです。

ソフトバンクホークスの監督、選手一同が、カープファンの前に行って「御礼」をしました。

カープファンからも暖かい拍手が送られていました。

そして、待ちに待ったホークスファンの待つところに。

その時の選手の顔は、何となく、「ほっ」とした表情に見えました。

先ほども書きましたが、今年は平成最後の年でもありました。その中で、日本の中で一番、西にあるセパ両リーグの日本シリーズになりました。

これは何を意味しているのか?

そして、カープファンとホークスファンの長い1年も終わりました。

また、来シーズンはどんな試合が見られるのか楽しみで堪りません。

娘の習い事をどうするか

幼稚園年長の娘は現在2つ習い事をしています。

私が習ってほしくてすすめたスイミングとお絵かきが大好きな娘に良さそうと主人がすすめた造形教室です。

どちらも週1回ずつの習い事です。

造形教室は幼稚園の放課後に園内で行われているもので、卒園と同時に終了となります。

小学校に入ったら新たに何かやってほしいと思い、「習字はどう?」「ピアノは?」「体操もいいよね~」とすすめてみたのですが私の良いと思う習い事は気がすすまないみたいです。

娘は造形教室を続けたいとのこと。

自分から「これがやりたい!」と言うことがほとんどない娘ですので、嬉しく思いました。

しかし調べてみたところなかなか条件にぴったりの造形教室がありません。

良さそうなところは家から遠かったり、近所の教室は土曜日しか教室をやっていないみたいです。

土曜日に習い事を入れるということは子供会には入らないということになるので、それでいいのかも悩みます。

娘は今の造形教室の先生が大好きなのですが、芸術系の習い事は先生との相性も大切なのでそこも心配です。

年明けから通えそうな教室の見学に行ってみます。

親ができることは微力ですが、娘のやりたいことを応援できればなと思います。

最近の筋肉痛との戦い

私はアメリカでラグビーをしていましたが、先週、日本で初めてラグビーの練習に参加しました。とても強いチームとの合同練習で、色々と勉強になったのと、自分の体力の無さを痛感する一日でした。

いつもは、週に3回、ジムに行き、自分なりには一生懸命トレーニングをしていたつもりですが、本気で走り、タックルして起き上がってまた走るという体力は全く無く、自分がいかにトレーニング不足なのかが分かりました。

悔しかったですが、それ以上にトレーニングをしようと思いました。そこで、次の日は笑ってしまうくらいの筋肉痛でしたが、ジムへ行き、思い切りトレーニングしてみました。

すると、痛いけど、その次の日は痛みが大分減ってくれました。20代後半になると、筋肉痛が治るのに時間がかかりますが、そんな事待っている時間は無いと自分に言い聞かせています。

私がジムに行きたくないと思う日には、女子レスリングの日本代表選手達のSNSにたまに載る練習動画を観ることです。毎日朝からトレーニングをして、頑張っている姿をみると、私のやっている事は大した事無いと思えるので、逆に燃えて、ジムに今すぐ飛んで行きたいと思える様になります。

来週は、日本で一番強いらしいチームと練習試合があるそうなので、本気で頑張ってみようと思います。

夫の帰宅と同時にイラつく妻

夫が仕事から帰宅した。保育園のお迎えのあとDVDを借りに行ったりしていたのでいつもより帰宅が遅くなった。なので、洗濯物も夫の帰宅間際で終わり、干すのを後回しにしていた。

帰宅するなり夫は、「ご飯。ご飯。」しか言わない。ご飯の準備の間「その間に、洗濯物を干して」と伝えるも逆ギレ。妻も逆ギレする夫に逆ギレ。そんなことは、育児中にはよくないが皆疲れていて感情的。夫がご飯を食べ終わる頃には22時前。

子ども達をまだ寝させてない。明日のお米洗ってセットしないと、と慌ててしていた。そんな時でも夫はマイペースにベランダでタバコ。母は息子に「早く寝なさい」と怒ると怖かったのか、息子は漏らしてしまった。

ベランダでのんきにタバコを吸う夫にイラつきながらも中々ベランダから戻ってこない夫を呼び、息子のズボンとパンツだけ変えてもらったが、サッサとお風呂に入る夫。

22時半と言うのにウロウロして寝ない息子。母の怒りは頂点に達してしまった。息子に再度「寝るように」と、怒る母。ついでに「お父さんはなにもしないんだからしかたないでしょ」と息子は八つ当たりされてしまった。

父がいるときくらいゆっくりしたいのだが、お父さんは、私が怒っているときだけ出動するというマイペースさん。

人生で一番高い買い物をしたBEST3

私の人生での高い買い物はなんだったのだろうかと考えてみました。

一番高かったのは、レース用に改造した軽自動車でおよそ200万円です。車両だけの価格であれば90万円するかどうかのものだったのですが、エンジンを換装したり、色々なレースカーならではの備品を装着したりすると、そのくらいの金額になりました。

この改造車では、レース場で3回走って終了しました。維持費が大変かかるからです。改造するだけの車の金額しか当初から頭になくて、楽しむための諸々の費用の事まで頭に回ってなかったというのが正直なところです。

二番目は、ロードバイクでおよそ60万円です。一生乗ることができるようにと考えたすえ、その時に一番のハイスペックな自転車を購入しました。今、同じスペックの自転車を買ったら20万円代で購入できます。週末に乗って、チームの練習会に参加して楽しみました。

三番目はマウンテンバイクでおよそ30万円です。これはメーカーの一生保証がついた自転車で、これこそずっと乗り続けるつもりで買いました。この自転車で10年間通勤をしました。今は、倉庫の中で眠っています。

結局、全部実用性よりも趣味の範疇での買い物だっとという共通項目で、しかもいずれも今は手元になかったり、倉庫の片隅にしまったままになったりといった境遇です。

改造車は実際、手放してもう私の所にはありませんが、自転車は手元にあります。整備さえすればいつでも走ることができます。

しかし、私の体調がそれに乗るだけのコンデションではないため、自転車を倉庫にしまったままにするのは仕方ありません。

人生三大高価品は、今となっては宝の持ち腐れになってしまい、もうそれだけのものを買うお金もありませんので、たぶんこのBEST3で決まりです。

旅行とかを含めばこのBEST3ではなくなりますが、BEST1は不動です。

もう手元にはないものがBEST1。ちょっとむなしい気持ちです。

朝の外出が習慣化した

今年の7月あたりから、ときどき外出するとき朝早くに出て行くようになりました。

もとは郵便物をすぐ届けたい気持ちから郵便局に早朝に行ったのがきっかけで段々頻度が増していきました。

夏のときは、暑すぎないうちに用事を済ませてあとから涼もうという目的で出かけていたら段々それが楽しくなっていきました。

朝の新鮮な空気や日光を浴びながら車を運転するのが気持ちいいですし、お店はガラガラでレジに並ぶ必要もありません。

開店直後の8時~9時半の時間帯に行くので店員さんが少々バタバタしていることもありますが、スーパーの場合なら

お客さん同士で狭い通路を申し訳なさそうに通ることもありませんし駐車場もガラガラなので出待ちのストレスもありません。

それまでは昼間の混んでいる時間帯に行ってレジの混雑でイライラしたりしていたので、もっと早くから朝出かける癖をつけたらよかったと思いました。

人混みが嫌いな私にとってはすごくストレスフリーでそれから癖になり11月になった今は朝早くから出かける癖がしっかりとつきました。

なおかつ、朝から運動すると血流がスムーズになって体もポカポカと温まって冷えを感じにくくなり昼間まで布団の中でダラダラすることもなくなりました。

帰宅後はゆっくりと過ごせますからごはんを食べて昼寝をしたり、家の掃除をして過ごしています。