社内恋愛はうまくいかないケースが大半でした

今まで転職は4回経験した私、町工場をリストラされ違う町工場へ渡り歩きました。

最初は同級生の紹介で1年だけお手伝いに通いました。

社長が変わり者で、私達が仕事をしている横でプラモデルを作っていたり。

悪いけどカーテン縫ってよ?と私に頼み、縫わされたり。

変な人です。

同級生はこの会社でポツンと独りでいる男性といつのまにか付き合う事になりました。

一回り歳上だから30歳くらい、メガネをかけたオタクっぽい人です。

話しかけて意気投合したようで、付き合う事になった?と報告されました。

現場が違ったのであまりの展開の速さに心配になりました。

私は先に辞めましたが、二人も色々回りから言われて退職しました。

違う町工場で働きはじめ、しばらく連絡はなかった。

ある日電話があり、大泣きで彼女が別れた?と一言。

途中、お母さんに変わり事情が解りました。

家族を交えて話をしたところ、彼の親族が猛反対。

母親と彼女、どっちか選べと迫られて母親を選んだとのこと。

その場で別れる事になったらしい。

今まで何だったの?あんなに尽くして約束しておいて捨てるなんて?とお母さん。

仕方ないとしか言えません。

しばらくして就職したさきでまた男の人に声をかけ、仲良くなりました。

この人も一回り位歳上でした。

赤ちゃんができて入籍したが、義理の親とうまくいかず離婚しました。

20年位あってません。

お母さんにバッタリ街であいましたが、彼氏がいるらしいとは聞きませんでした。

似たようなケースは何人もありました。

唯一、上司だけは社内結婚して幸せな家庭を築いています。

うまくいく確率はかなり低いと感じました。

電気工事の職人さんたち、ありがとう!

私が住んでいるのは800世帯のビッグコミュニティの団地です。

週に2~3回、仕事で全ての世帯のポストを巡ります。

今週も暑い中てくてくと歩いてペーパーを投函して回りました。

そんな中で、いつもと違う様子がありました。

なんと、一日で三件、エアコン交換の工事を行っているのを見かけたのです。

37度を記録した暑い日の午後でした。

首にタオルを巻きながら、汗まみれになるのもいとわず、さくさくと作業をしていた人の姿がありました。

重たいエアコン本体や室外機を運び出し、新しいものを設置する、結構な力仕事です。

それでも、エアコンがなかったら生活が出来ない人たちも沢山います。

理屈でなく、もう生活必需品のそれが壊れたら、生命の危機です。

職人さんたちはそんな人たちの生命線を握っているのだと思ってしまいました。

ほんの一時間ほどで、その作業が終わり、彼らはそれぞれに撤収して行きました。

周囲のごみも全て持ち去り、玄関先や階段下はきれいに片付けられていました。

相変わらずの高温注意報が出されるような日々ですが。

新しいエアコンが快調に動いているはず。

取り換えられた古いエアコンには『ご苦労様』と、そして新しいエアコンには『頑張れ!』と言いたい。

我が家のエアコンは交換して9年ほどになりますが、今なお頑張ってくれています。

有難いなぁ、と思って、掃除をし、大切に使っていこうと思います。

耐えられない暑さ

今年の夏は本当に暑い。

それは散々ニュースでも騒いでるので理解しているつもりだったけど、本気でヤバいと思うようになりました。

それは子供たちをなかなか外遊びさせる気になれないのが連日だから。

私は、本音ではできるだけ子供は外遊びをさせたいのです。

だって子供の体力をつけてあげたいし、元気にお外で遊ぶのが子供らしいと思うから。

なのに、子供たちに危ないから外に行くのはやめておきなさいとここ最近毎日言ってるのです。

外に出て、熱中症で倒れたら元も子もないです。

子供は特に、喉が渇いたって友達といて遊んでて楽しいと水分補給なんて忘れてしまいますよね。

そうなると、いつのまにか熱中症になってて倒れてしまう可能性も大いにあります。

かといって大人の私がついてって遊ばせるのもキツイのです。

外に出たらたった数分で汗だくになり、息が苦しくなるのを感じてしまいます。

食料品の買い物をするだけで精一杯で、外で作業している人なんてみると可哀想でたまりません。

もしもこの暑さが毎年続くのであれば日本に住むのはもう嫌だ、なんて情けないことを考える母親です。

室内で少しでも体力つけられるように工夫してこの夏は頑張るしかないですね。

早く涼しくなってもらいたいものです。