はじめての広島は、体力勝負でした。

出張があって、はじめて広島へ。広島へ行くのは初めてです。

時間があまりなかったので、たくさんのところにはいけませんでしたが、けっこう充実した時間を過ごせました。

まずは、広島駅から、宮島へ。そこへは、電車とフェリーを乗り継いでいきます。

宮島駅につくと、日本人だけではなく、外国の観光客もたくさん。

とくに、欧米系の人が目立っているように思いました。

宮島の目玉となるのは、厳島神社(いつくしまじんじゃ)です。

1000年前の、平安時代にいまの形態が作られたということで、

紫式部の世界?を満喫したいと思い、行きました。

フェリーは、なかなかの行列でしたが、大型の船がどんどん来るので、一気にはけていきます。

宮島に近づくと、厳島神社がみえてきて、神秘的な雰囲気にうっとり。

でも、船をおりると、とにかく観光地でした。

鹿を大切にする流れがあり、いたるところに鹿が。油断していると、食べ物をとられます(笑)

写真を撮るのにも最高でした(鹿と海のツーショット)。

弥山(みせん)にも登りました。途中までロープウェーなので、楽勝という想定。

しかし、意外にも大変で、途中まで行って後悔。

海外の登山者もおおく、みんなで「こんにちは~」と言い合いながら、なんとか頂上まで行きました。

それにしても外国人が多い!広島、熱いですね。