今年も世帯菜園の時分がやってきました。

4月に庭園に5諸々の野菜の苗を植えました。胡瓜と2色調のプチトマトと茄子とピーマンです。そうして今期初めて最適胡瓜が実りました。とても望ましい品質なのでフィルムにおさめましたがもったいなくてなかなか収穫するど根性が出ません。家庭以外の他人にも自慢したくて仕方ありません。

大雨のお天道様も強風のお天道様も倒れないようにひたすら守り抜いた胡瓜がこんなにも最適実を押し付けたのだから、そんな気持ちになるのも厄介はないというのは私だけでしょうか。最適実の上にはもう一本狭い頼みなげな実が成長し始めていらっしゃる。

今こういう胡瓜を役割しなければ、あとの実に栄養素が行かなくなり成長しないとおり枯れてしまう。絶対に次の実も大きく育てなければ無駄。そんな事をあれこれと考えているうちに出先が薄暗くなってきました。娘と孫は習い事、妹は就業、在るジジババ二人で収穫するわけにはいかないので明日の午前総出で下回ることにします。

午前にまたひと回り大きくなっている事でしょう。いかなる風味がやるのか楽しみで仕方ありません。たった一本の胡瓜でこんなに苦労したのですから農家の人は出荷するまでにはさぞかし大変なことでしょう。あした食べる予定のこういう本当はきっととても斬新で美味いはずです。早起きして家族全員で胡瓜の初役割を楽しもうと思います。