朝の外出が習慣化した

今年の7月あたりから、ときどき外出するとき朝早くに出て行くようになりました。

もとは郵便物をすぐ届けたい気持ちから郵便局に早朝に行ったのがきっかけで段々頻度が増していきました。

夏のときは、暑すぎないうちに用事を済ませてあとから涼もうという目的で出かけていたら段々それが楽しくなっていきました。

朝の新鮮な空気や日光を浴びながら車を運転するのが気持ちいいですし、お店はガラガラでレジに並ぶ必要もありません。

開店直後の8時~9時半の時間帯に行くので店員さんが少々バタバタしていることもありますが、スーパーの場合なら

お客さん同士で狭い通路を申し訳なさそうに通ることもありませんし駐車場もガラガラなので出待ちのストレスもありません。

それまでは昼間の混んでいる時間帯に行ってレジの混雑でイライラしたりしていたので、もっと早くから朝出かける癖をつけたらよかったと思いました。

人混みが嫌いな私にとってはすごくストレスフリーでそれから癖になり11月になった今は朝早くから出かける癖がしっかりとつきました。

なおかつ、朝から運動すると血流がスムーズになって体もポカポカと温まって冷えを感じにくくなり昼間まで布団の中でダラダラすることもなくなりました。

帰宅後はゆっくりと過ごせますからごはんを食べて昼寝をしたり、家の掃除をして過ごしています。