自転車に乗りながらスマホを使っていた結果

大学生がスマホを使いながら自転車を運転し、60代の男性と接触をして60代の男性が亡くなったというニュースがありました。

しかしニュースの詳細を知って、疑問に感じることもあります。

前からやってきた自転車と接触をした、というのです。

普通、前から自転車がやってきた場合、避けるんじゃないでしょうか?

自転車と歩行者の通行が分かれているところで自転車が歩行者専用通路に入ってきていたとしても、前から来たのであれば避けられると思うのです。

スマホを操作しているということが分かれば、なおさらです。

でもぶつかってしまって、亡くなったというのはどういう状況なのかなと不思議で仕方がありません。

私自身も歩道を歩いていて、スマホを操作しながら自転車に乗っていた高校生とぶつかったことが何度もあります。

でもその場合、後ろからぶつかってくるので前から来た場合には絶対に自分でリスク回避をします。

後ろからぶつかってくるのであれば、予知をすることができないのは分かります。

前からぶつかってきて亡くなるというのはちょっと理解できないな、と思いました。

どうしてこういうことが起こるのか、不思議で仕方がありません。

歩行者も歩きスマホをしていたのかなと疑ってしまいます。