何故豪雨が起きてしまったのか

日本列島を襲った豪雨。

数年前にも同じようなことがありました。

その時は本当にピンポイントでの豪雨だったので、限られたエリアに被害が集中をしてしまいました。

しかし今回は範囲が広かったので、被害も甚大です。

救助される様子をテレビで見ていましたが、信号や道路標識がすぐ近くにあるところをボードで救助されている人が多かったので、標識のところまで増水をしたのが分かりました。

豪雨になる原因の1つに温暖化があるそうです。

温暖化によって台風の発生数も増えてきているということもあります。

この状況は今後頻繁に発生をするのではないか、と考えると非常に恐ろしいです。

川が氾濫をして堤防を破り、水が住宅街に流れ込む。

水が引いてからもとても住めるような状況にはならないようです。

住宅の建て直しということになりますが、それでもすぐには対応をすることができません。

避難生活が長引いてしまうと、犯罪も増えてしまうそうです。

この状況が1日でも早く解消されれば、と思うと同時に温暖化の恐ろしさをもっと真剣に考えなければいけないんじゃないかなと思いました。

温暖化を少しでも改善させるためには何が必要なのか、ということをよく考えるべきだと思います。